• 【採用情報】

    寄稿

    伊豆の津津浦浦 32 井田(いた)2 沼津市=海苔が特産、多様な石産出(NPO法人伊豆学研究会理事長・橋本敬之)

     1594(文禄3)年8月、彦坂元正による検地が行われ、「西浦井田郷検地帳」(高田家文書)が残されている。1677(延宝5)年「伊豆鏡」によると高112石余、元禄初年高帳に新田高5升8合が載る。江戸時代初期は三島代官支配、1812(文化9)... 続きを読む

    伊豆新聞 デジタル お申込み
    ご購読申し込み月は無料
    伊豆新聞社員募集

    ニュースカレンダー