小説・熱海起閣物語

熱海起雲閣物語 グレビレアロブスタ(34) 中尾ちゑこ・作 なかひらまい・画

 光太郎の二人の弟も病院の敷地に同居しているが、佳枝は彼らとたびたび顔を合わすわけではない。 夫より二歳下の慶二郎は東京の美術学校を中途で退学していて、病院裏手の土蔵のひとつを仕事場に改造、そこで絵を描いている。 最... 続きを読む

伊豆新聞 デジタル お申込み
ご購読申し込み月は無料

ニュースカレンダー

お知らせ