• NEW
    伊豆新聞本社 採用情報

スポーツ少年団活動再開—伊東

 緊急事態宣言解除や小学校の授業再開を受けて、伊東市内ではスポーツ少年団が休止していた活動を少しずつ始めている。学童野球の八幡野イーグルス(岩上勝利監督、団員29人)も6日、全体練習を再開した。7日には、川奈の小室山公園グラウンドで午前中に練習を行った。
 同チームは2月末から約3カ月間、全体練習を自粛していた。その間、団員は自宅で自主練習を続けた。チームとして、オンライン会議システム「Zoom(ズーム)」を使った早朝ミーティングや週末のトレーニングなどにも取り組んだ。
 7日の練習では、上級生は主に守備練習に時間を割いた。「グラウンドの感触に慣れること」をテーマに、監督やコーチのノックを受けた。下級生は基礎練習や「ティーボール」のゲームで体を動かした。
 主将の原悠翔君(八幡野小6年)は「早くみんなと練習したいとずっと思っていた。久しぶりの野球はすごく楽しかった。試合や大会が減ってしまったのは残念だけど、県大会出場を目指して頑張りたい」と話した。岩上監督は「子どもたちの笑顔を見られて、本当に良かった」と練習再開を喜んだ。

      学生・生徒・児童

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー