• NEW
    伊豆新聞本社 採用情報

フォトサービス

伊豆新聞で取材した写真をご希望の方に販売しています。
3月8日
地元名産・函南西瓜(すいか)の苗植え体験でJA三島函南・函南西瓜組合の芹沢さん(左)からアドバイスを受ける子どもたち=函南町畑毛
3月7日
照明を当てると、沢田石の本来の色のように神秘的なエメラルドグリーンに輝く、採石跡に水がたまった池
3月7日
内部が予想以上に広く、石を切り出した天井の跡などがはっきりと分かる。処理を兼ねてか?製品にならない石が整然と積まれる
3月7日
入り口近くから外を見る。内部は高さが?メートル近くもありそうで、大きな空間が開け、迫力満点だ
3月7日
あちこちで、コウモリが無数に天井からぶら下がり冬眠する
3月7日
沢田石を切り出した石丁場の入り口。高さ10メートル、幅も5、6メートルはありそうで先人たちの仕事ぶりに驚く=いずれの写真も河津町沢田
3月7日
工事が無事に終わり開かれた大黒堂御尊像遷座式・北大屋根改修工事新室祭=伊豆の国市長岡
3月7日
総会であいさつする室伏会長=三島市のみしまプラザホテル
3月7日
トイレ整備に取り組む部員たち=伊豆の国市の韮山運動公園
3月7日
斉藤市長に救済措置を要望する熱海料飲連合会の鈴木会長(右から2人目)ら5団体の代表者=熱海市役所
3月7日
きれいに清掃、修復された殉職碑を披露する梅園長寿会の役員=熱海市梅園町
3月7日
多賀産生ワカメを購入する男性=熱海市の長浜海浜公園
3月7日
のぼり旗を掲出する熱海市消防本部職員=伊豆スカイライン熱海峠料金所付近
3月7日
見頃を迎え、歩行者らを楽しませている花々=熱海市役所前の花壇「花ひろば」
3月7日
開催中の宝探しイベント「大冒険ラリーハント」をPRするスタッフ=熱海市郊外にある十国峠のケーブルカー乗り場
3月7日
施設利用者に笑顔で話しかける石黒さん=熱海市西熱海町の姫の沢荘
3月7日
焼きたてのたこ焼きを無料で振る舞う平子さん夫妻=南伊豆町二条
3月7日
「奇跡の一本松」を手にする作者のいけみさん=下田市三丁目の「たるや」
3月7日
伊東ホテルジュラクにお目見えした「アジわいの手湯」=伊東市岡
3月7日
青木大統領(左)から特製ポスターを受ける佐々木さん=伊東市銀座元町の伊東商工会議所
3月7日
見ごろを迎え白い花を何輪も咲かせる巨大オーガスタ=南伊豆町の下賀茂熱帯植物園
3月7日
職員(左)の案内で施設内を回る見学者=伊東市宇佐美のコルテシア
3月7日
イエローゾーンに指定された下田旧町内の街並み
3月7日
学校給食に使われるはずだったホウレンソウを売り場に並べる店員=伊東市玖須美元和田の「いで湯っこ市場」
3月7日
一点物の作品が並ぶギャラリー=松崎町松崎のギャラリー喫茶・丸平
3月6日
春大根の等級、階級などを確認する生産者ら=伊豆の国市田京のJA伊豆の国大仁センター
3月5日
「観賞の夕べ」での乱舞を願い放流したホタルの幼虫=東伊豆町の大川竹ケ沢公園
3月6日
受け入れ小学校の教室で仲良くかるた遊びをする子どもたち=三島市内(5日午前撮影)
3月6日
日常使いの食器から美術工芸まで展示即売している「全国大陶器市」=三島市の三嶋大社
3月6日
初段に合格した韮山柔道教室に通う保護者=伊豆の国市の韮山体育館

記念保存用・贈答用にお使いください。他の印刷物等への転載はご遠慮下さい。

ご注文出来上がり検索

ご注文写真の出来上がりを確認できます。

フォトサービス 価格表

2L
127×178mm 550
A4
210×297mm 1,100
※すべてカラー・税込
  • 写真データでの販売は行っておりません。
  • 仕上がりは1週間~10日程度掛かります。
  • 掲載写真でも著作権、肖像権の問題から提供できない場合もございます。ご了承下さい。
  • 他の印刷物等への転載はご遠慮下さい。

お支払い方法

  • 伊豆新聞本社窓口支払い(先払い)
  • 銀行振り込み(先払い)

送料

  • 定形外郵便 200円
  • 伊豆新聞本社窓口受け取り 0円

本社受け取り窓口

〒414-0054 静岡県伊東市鎌田1290-6
TEL.0557-36-1237
受付時間10:00〜17:00
(※新聞休刊日の前日を除く)
写真一覧に掲載されていない場合はこちらより、お問い合わせください。
掲載写真に関するお問い合わせ