フォトサービス

伊豆新聞で取材した写真をご希望の方に販売しています。
7月27日
大河ドラマ関連事業に関する説明会であいさつする山下市長=伊豆の国市の韮山時代劇場
7月27日
観客を案内する都市ボランティア=伊豆市の修善寺駅
7月27日
うちわやリーフレットなどを用意して観客をもてなす伊豆市のブース=同市の修善寺駅
7月27日
参加者に成形の手本を見せる杉山さん(左)=函南町の田方農業高
7月27日
年間を通じて多くのダイバーが訪れる八幡野港=伊東市八幡野
7月27日
眼下には紺碧の海が広がる
7月27日
公民館から見つかった13点の古絵図を広げて調べる飯田さん(右)と区役員の稲葉俊孝さん=東伊豆町大川の大川公民館
7月27日
異国船防御のために作られたと思われ、下の説明文には大川村から沼津や赤沢、奈良本までの距離や海の深さなどが記される
7月27日
年代は不明だが大川村一帯が正確に詳細に描かれた村絵図。築城石の「ぼなき石」が「大切石」と記される。海岸近くの道が東浦路。今の135号は、さらにその海側を通る
7月27日
山や川、道が着色され、家も記入。年代は不明だが「伴次郎」「伴三郎」「遠嵩山」や大川村と赤沢村境の草崎川も描かれる
7月26日
函南シリウス―熱海少年野球クラブ サヨナラ打で本塁に生還する熱海の選手=伊東市の門野中
7月26日
重機も活用して懸命に続けられている行方不明者の捜索活動=熱海市伊豆山(25日午前11時半ごろ)
7月26日
修善寺―八幡野 五回裏、懸命な走塁で左翼越え本塁打とした八幡野の選手=伊東市営かどの球場
7月26日
伊豆長岡―河津 二回裏2死二塁、送球が乱れる間に本塁を突く河津の選手=伊東市の小室山グラウンド
7月26日
河津―網代 五回裏1死満塁、追加点の場面で3本間に挟まれる網代の選手=伊東市の小室山グラウンド
7月26日
函南―八幡野 五回、本塁に頭から飛び込む函南の選手=伊東市営かどの球場
7月26日
演奏と踊りで通り掛かりの人の注目を集めるフラメンコのグループ=伊東市の湯の花通り
7月26日
藤崎会長(右)の講話に耳を傾ける伊東ロケーションサービスの委員=伊東市観光会館
7月26日
市が製作した観光ブランドブック(右)と紹介リーフレット=伊東市役所
7月26日
熱海市への義援金を募る伊東市女性連盟の役員=伊東市湯川の道の駅・伊東マリンタウン
7月26日
電動低速車に試乗する住民ら=函南町丹那の南箱根ダイヤランド
7月26日
見頃を迎えた純白のハマユウ=下田市田牛
7月26日
森署長から表彰を受ける(右から)坂田さん、山田支店長、早川さん=下田署
7月26日
車の死角に立ち確認する生徒ら=下田市河内の下田自動車学校
7月26日
幻想的な映像が観客を魅了したプロジェクション・マッピング=河津町の河津バガテル公園
7月26日
熱海市への義援金を募る佐藤会長(右から2人目)ら=南伊豆町の道の駅・下賀茂温泉湯の花
7月26日
拡大検査会場に入る飲食店関係者や利用者ら=下田市四丁目の市民文化会館
7月26日
湾内で火柱を上げる海賊船の上空を彩る花火=西伊豆町の堂ケ島
7月26日
内田署長(左)に宣言書を手渡す藤沼組合長=三島署
7月26日
中村会長(右)に食品などが入った段ボール箱を手渡す今泉常勤理事=三島市の市社会福祉会館

記念保存用・贈答用にお使いください。他の印刷物等への転載はご遠慮下さい。

ご注文出来上がり検索

ご注文写真の出来上がりを確認できます。

フォトサービス 価格表

2L
127×178mm 550
A4
210×297mm 1,100
※すべてカラー・税込
  • 写真データでの販売は行っておりません。
  • 仕上がりは1週間~10日程度掛かります。
  • 掲載写真でも著作権、肖像権の問題から提供できない場合もございます。ご了承下さい。
  • 他の印刷物等への転載はご遠慮下さい。

お支払い方法

  • 伊豆新聞本社窓口支払い(先払い)
  • 銀行振り込み(先払い)

送料

  • 定形外郵便 200円
  • 伊豆新聞本社窓口受け取り 0円

本社受け取り窓口

〒414-0054 静岡県伊東市鎌田1290-6
TEL.0557-36-1237
受付時間10:00〜17:00
(※新聞休刊日の前日を除く)
写真一覧に掲載されていない場合はこちらより、お問い合わせください。
掲載写真に関するお問い合わせ