• 特集
    新年号特集

踊子歩道沿い「茶屋」お目見え 農機具小屋生かした休憩所―26日まで河津

 河津町梨本の踊子歩道沿いに18日、フォトスポットを兼ねた休憩所「ODORICO(おどりこ)茶屋」がお目見えした。川端康成の小説「伊豆の踊子」をテーマにした各種イベントと関連エリアをつないだ町観光協会の「おどりこトレイル」の一環で、26日までの期間中、お茶やコーヒーの振る舞いもある。
 
 踊子歩道沿いの畑に建つ古い農機具小屋を生かして設けた。街道の茶屋をイメージして外観を整えた他、内部には古い農機具を飾り、「伊豆の踊子」の文庫も並べた。
 「踊子」や「学生」の衣装を用意していて、無料で貸し出す。希望者は着用して自由に写真撮影を楽しめる。
 菓子や農産物の販売もある。“営業”は午前10時~午後3時。雨天中止。
 同協会は伊豆の踊子関連イベントに合わせた茶屋の開設の他、地域にも活用を促したい考え。担当者は「踊子歩道のPRに生かしていきたい」と話した。
 おどりこトレイルでは他にデジタルスタンプラリーやジオガイドツアーなどを催す。問い合わせは同協会〈電0558(32)0290〉へ。

      観光

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー

      いずじかん vol.7

      いとうで食す

      お知らせ