アカオ・フォレストでバラ最盛期 ローズ・フェスタも好評―熱海

 熱海市上多賀の観光庭園「アカオ・フォレスト」でバラが最盛期を迎えている。園内の至る所で、色とりどりの花弁を開き、美しい芳香で来園者を魅了している。開催中のバラの祭典「アカオ・ローズフェスタ」も好評で、観光客が続々と訪れている。
  庭園には600種、4千株のバラが植わる。特に山頂付近のイングリッシュローズガーデン、中腹のクライミングローズガーデン、ウエディングガーデンがピークを迎えている。見頃は6月上旬までと見込まれている。
  ウエディングガーデンでは、ドイツ発祥の黄色いバラ「サハラ」がアーチ状に咲き誇り、写真スポットとして人気を集めている。東京都から訪れた60代の夫婦は「コロナ禍で来園は3年ぶり。バラはきれいでいい香り」と話した。
  4月29日から開催されているフェスタはマルシェやガイドツアーが行われ、大型連休中の来遊客はは前年比1・2倍だった。フェスタは6月30日まで繰り広げられる。

      観光

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー

      お知らせ