• 採用情報
    伊豆新聞 社員募集
  • 重要なお知らせ
    購読のお申し込みについて

「新たな工業用地確保」 伊豆の国市と臼井国際産業、土地売買契約報告式

 伊豆の国市は10日、江間工業用地区画Aについて、輸送用機械器具製造業「臼井国際産業」(本社・清水町、山梨広社長)と買い戻し特約付売買契約を締結したことに伴う報告式を市役所で開いた。
 区画Aは、北江間の1万9438平方メートル。11月25日に土地売買の仮契約を締結し、29日の市議会12月定例会での可決を受け、本契約となった。3日に売買代金納入、所有権移転等登記、土地の引き渡しを行った。
 山梨社長はあいさつで「国内の自動車メーカーから新規に受注した部品を大量生産しなければならないため、新たな工業用地の確保が必要になった」などと経緯を説明。「市、住民をはじめとする皆さんの意見をいただきながら、新工場の建設に向けて着実に進めていく」と語った。
 小野登志子市長は「地域経済の活性化や雇用の拡大などに大きく貢献していただけるものと市民は期待している。連携をさらに深め、新工場建設に向けた準備、生産活動のさらなる発展に向け、サポートを進めていきたい」と述べた。
 2020年4月に着工、21年6月に完成、7月の操業開始を予定している。

      政治・行政・選挙

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー