• NEW
    伊豆新聞本社 採用情報

TOKAIケーブルネットと「ICT活用協定」を締結—三島

 三島市とTOKAIケーブルネットワーク(本社・沼津市、鈴木光速社長)は27日、「ICT(情報通信技術)を活用したまちづくりに関する協定」を締結した。今後、協定に基づいた新たな通信基盤を整備することで、災害時をはじめ、インターネットを活用したサービスの充実を図る。
 具体的には、国が地域に割り当てる地域BWA(無線帯域を活用したインターネット環境、地域広帯域移動無線アクセス)の整備により、災害時などこれまで以上に、ネットの混雑なく防災情報が配信できるようになる。
 既存のネット帯域と異なり、専用に確保された帯域で通信するため、災害時でもつながりやすいのが特徴。市では、供用開始を10月ごろと見込んでいて「万一の際は、市民の皆さんに避難所でのWi—Fi環境の提供を図りたい」としている。
 その他、市内の河川に新たな監視カメラを設置することで、台風などの際にテレビやネットの映像を通じて、氾濫状況を確認できるようになるという。
 豊岡武士市長は「今後もスマート市役所実現に向け、協働で取り組んでいきたい」、鈴木社長は「こうした包括的なICT協定を結ぶのは初めて。ぜひ色々な場面でサポートし、地域に貢献していきたい」と語った。

      政治・行政・選挙

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー