• 特集
    オール伊豆少年野球写真特集

廃虚で撮影楽しんで 函南の玄岳ドライブイン 不動産会社がレンタル

 廃虚マニアの〝聖地〟となっている熱海市郊外にある「玄岳ドライブイン」を、東京都の不動産管理会社「シルバーウルフグループ」が貸し出している。ユーチューバーが取り上げたことで人気に火が付くなどし、1カ月で平均20日間ほど利用されている。
 玄岳ドライブインは1967年、伊豆スカイライン沿いに開業した。熱海サボテン公園(現リゾナーレ熱海)までを巨大ゴンドラでつなぐ「熱海高原ロープウエイ」乗り場だったが、運営会社が70年に倒産した。
 富士山や相模湾などが見えるなどロケーションに恵まれていて、前所有者の時から「貸してほしい」との声がいくつもあったという。同社が2年ほど前から管理を始め、間もなくしてレンタルをスタートした。
 建物内外は当時の面影を残し、これまでにユーチューブ、バラエティー番組、ドラマ、プロモーションビデオ、写真集の撮影やDJのライブなどに使われた。
 同社の担当者は「サバイバルゲームやドローンフィールドなどいろいろな使い方ができる。気軽に問い合わせてほしい」と話す。
 日や時間によって料金が異なる。特定日は1時間2万円で利用することができる。ボランティア団体が協力し、見学会も催している。興味のある人は、同社のツイッターアカウント(@Progress_rental)のダイレクトメールで問い合わせる。

      教育・学校・文化

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー

      お知らせ