• 採用情報
    伊豆新聞 社員募集
  • 重要なお知らせ
    購読のお申し込みについて

わが子の「寝相アート」が人気。西伊豆町子育て支援センターが出頭ひろばの中で実施している

 西伊豆町子育て支援センターは本年度、安良里いこいの家で開いている出張ひろばの中で、子どもの寝姿を小道具などで装飾し、写真を撮影する「寝相アート」を実施して人気を集めている。かわいらしい写真をわが子の成長記録にしようと、リピーターが増えているという。
 寝相アートは赤ちゃんが寝ている姿を利用し、周囲に季節のイベントに合わせた装飾などを施した写真を一つの作品に仕上げる。会員制交流サイト(SNS)などで人気。
 同センターは毎月第1、3火曜日の同施設で出張ひろばを開き、寝相アートのスペースを設けている。1日はハロウィーンをテーマに、フェルトやカラービニール、折り紙でつくったカボチャやお化けの装飾を用意。5組の親子が訪れ、子どもを座らせたり、寝かせたりしながらベストショットをカメラに収めた。
「いずれはアルバムに」
 仁科の佐藤美和さん(39)は毎回参加し、大和君(1)を撮り続けている。「だんだん大きくなる様子を撮るのがうれしい。いずれはまとめてアルバムにしたい」と話した。
 出張ひろばの対象年齢は0~3歳の未就園児。時間は午前9時~11時。寝相アートは月ごとに装飾を変更する。

      出産・子育て

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー