• NEW
    伊豆新聞本社 採用情報

三島建設業協会が小冊子を寄贈

 創立70周年記念事業の一環として、三島建設業協会(小野徹会長、加盟49社)は17日、市内の小学5、6年生にと、小冊子「伊豆半島ジオパークで学ぼう
伊豆半島のひみつ」(県発行)を寄贈した。
 小冊子は伊豆半島ジオパークの成り立ちや内容をマンガで描き、分かりやすく紹介している。監修は伊豆半島ジオパーク推進協議会。建設業の役割と魅力を伝えたいと、小冊子の裏表紙には、暮らしに必要なものをつくったり、暮らしを便利したりしているなど、建設業の三つの役割を記載した。
 同日は小野会長、山本良一理事ら関係者が市役所を訪れ、豊岡武士市長に小冊子2千冊を手渡した。小野会長は「建設業は自然を傷つけずに整備していくことが求められている。子どもたちがこの小冊子で勉強して、地元の成り立ちや自然の魅力などに興味を持つきっかけにしてもらいたい」と語った。

      商工業

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング