• NEW
    伊豆新聞本社 採用情報

伊東市で新たに2人の新型コロナウイルス感染確認

 県は9日、7日と8日に新型コロナウイルス感染が明らかになった伊東市の高齢者と家族、同居人の濃厚接触者とされた他の同居人2人について、PCR検査が陽性だったと発表した。新たに感染が分かったのは、無職の同居人と高齢でない成人の会社員。これにより同居する5人全員の感染が確認された。県は家庭内感染とみている。県内の感染は92、93例目になった。
 県によると、2人は7日に高齢者と家族の濃厚接触者としてPCR検査を受け、陽性が判明した。どちらも無症状だという。無職同居人は県東部の医療機関に入院し、会社員は入院医療機関を調整している。会社員は6月24~27日、7月1~3日と6日にマスクを着用してバイクで通勤し勤務した。県が勤務先での濃厚接触者を調べている。
 県はまた、8日に感染が明らかになった高齢でない成人について7月1~5日に出勤した県内の飲食店を調査したところ、勤務中はマスクをしていて利用者と接触した時間は15分以内だったため、利用者に濃厚接触者はいないと判断した。患者と接触のあった一部従業員について、濃厚接触者としてPCR検査を行った。

      7月 9日の記事

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー