• お知らせ
    消費税法改正に伴う価格変更について
  • 重要なお知らせ
    購読のお申し込みについて

ラグビーW杯〝開幕戦ホイッスル〟外国人サイクリストが自転車で届ける 27カ国・2万キロ

■三嶋大社で参拝も
 
 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の開幕戦「日本―ロシア」(20日)で使用されるホイッスルが、前大会が行われた英国から約2万キロの自転車旅を経て、外国人サイクリストの手で運ばれている。先日、県内入りして県庁などを訪れた一行は、18日午前、ルート上の三島市に立ち寄り、ラグビーファンや豊岡武士市長らの盛大な歓迎を受けた。
 公式ホイッスルを運んでいるのは、チャリティー活動などに携わる香港出身のジェームス・オーウェンさん(28)と、南アフリカ出身のロン・ルトランドさん(45)。2月に英国を出発し、今月の12日に大阪に入ったという2人は、約230日間にわたり27カ国の自転車旅を続けている。
 審判への受け渡しはあすの予定で、オーウェンさん、ルトランドさんは大事なホイッスルを手に「自分たちが自転車で世界を巡るチャレンジをし、その姿を多くの人に見てもらうことで、もっとたくさんの人たちが『挑戦すること』に意義を見いだすきっかけになればうれしい」と語った。

      オリンピック・パラリンピック

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー