• 重要なお知らせ
    購読のお申し込みについて
  • お知らせ
    URLが変わりました

ボッチャの杉村選手が伊東市の小野市長を訪問

 東京パラリンピック・ボッチャ競技に出場を目指す、世界ランキング2位で日本代表主将の杉村英孝選手(37)=伊東市銀座元町=が7日、市役所を訪れ、二つの国際大会でのメダル獲得を小野達也市長に報告した
 杉村選手は、5月に香港で開かれたワールドオープンは団体で銅メダル、7月にソウルで開かれたアジア・オセアニア選手権では個人で銀メダルに輝いている。
 メダル2個を持参した杉村選手は大会の様子や今後の予定などを報告した。杉村選手は「ソウルでは団体で3年半ぶりに予選で敗退した。危機感を持って練習し、アジア勢に勝たないと東京でメダルは取れない」と気を引き締めた。続けて「電車で児童から声を掛けられてうれしかった」とほほ笑み「もっと頑張ってボッチャを知ってもらい、地域を盛り上げたい」と語った。
 杉村選手から練習場の確保が悩みと聞いた小野市長は「廃校の幼稚園や多目的教室などの学校施設はどうか」と提案し、パラのメダル獲得に向けて、市全体でのバックアップを誓った。
 杉村選手は今後、12月の日本選手権を目標に調整していく。

      オリンピック・パラリンピック

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー