• NEW
    伊豆新聞本社 採用情報

フォトサービス

伊豆新聞で取材した写真をご希望の方に販売しています。
5月26日
紫色のふを添えたジャカランダ版「みそ玉」を手にする杉本さん=熱海市昭和町の杉本鰹節商店
5月26日
アジア大会後、伊東市役所を訪問し銀メダル獲得を報告する笠原選手(2010年12月27日)
5月26日
「上段回し蹴り」を披露する笠原選手=伊東商工会議所(2014年12月9日)
5月26日
国の登録有形民俗文化財に登録された東子浦人形芝居用具=南伊豆町東子浦の伊鈴川神社(2010年1月15日撮影)
5月26日
鈴木町長(左)から登録有形民俗文化財登録証を受ける石川区長ら東子浦区関係者=南伊豆町役場で(2010年3月29日)
5月26日
伝統の人形三番叟の一場面=南伊豆町東子浦の伊鈴川神社(2016年11月1日)
5月26日
男子バスケットボールで熱戦を繰り広げる選手たち=熱海市の小嵐中体育館(2010年5月8日)
5月26日
両校代表に記念の盾を贈る熱海LCの芳川会長(右)=熱海市の小嵐中体育館
5月26日
新調した優勝旗を両校の校長に贈る熱海LCの若林会長=熱海市の熱海後楽園ホテル(2013年6月25日)
5月26日
岩井大支配人(右)から記念品を受け取る渡橋400万人目の入場者=三島市の三島スカイウォーク(2019年9月11日)
5月26日
肥料の3要素の一つであるカリ長石の露天掘り跡。日本のものは肥料として使うには化学処理が必要で手間とコストがかかったようだ
5月26日
国道136号の銭甕峠に近い、三倉山登山口にある「冨士浅間 木花開耶姫命」の標柱
5月26日
三倉山の山頂にある冨士浅間の木花開耶姫命を祭る石祠。この右手奥に進み、下るとカリを採石した露天掘りの鉱山跡に行ける
5月26日
神の山として古代から信仰の対象だった三倉山。美しい円錐形(三角形)が目を引く=下田市吉佐美
5月26日
標高20メートルの小丘陵である洗田山。古代の人々は山頂の洗田遺跡から、水田を挟み真西にある三倉山に向かって拝礼したという
5月25日
久しぶりに会う友人と楽しそうに登校する生徒=伊東市の伊東商業高
5月25日
新型コロナ対策を取りながら昼休みに会話を楽しむ生徒たち=伊豆の国市の韮山高
5月25日
高橋会長(左)に手作り布マスクを手渡す桜井部長=函南町社会福祉協議会
5月25日
内山教育長に消毒用蒸留アルコールを手渡す雨宮会長(右)=伊豆の国市のあやめ会館
5月25日
テークアウトで人気のピザやオードブルを手にする鳶田さん夫妻=伊東市十足
5月25日
伊豆高原ミツバチ倶楽部の初ミーティング(2020年3月)
5月25日
アサギマダラの生態を紹介するDVD「アサギマダラの神秘に迫る」
5月25日
パティシエ鎧塚さんプロデュースのスイーツ店=熱海市桃山町のMOA美術館
5月25日
見頃のバラを楽しむ静岡市から来た観光客=熱海市のアカオ・ハーブ&ローズガーデン
5月25日
新型コロナウイルスの影響で今夏の開業予定が秋以降となったプリンスホテルのプリンス・スマートイン熱海=熱海市春日町
5月25日
西小5年生のために田植えを行う飯田さん(左)ら=河津町筏場
5月25日
初夏の日差しを浴びて咲くカキツバタ=伊東市の丸山公園
5月25日
来遊客はまだ少ない門脇つり橋=伊東市の城ケ崎海岸
5月25日
最前列座席を使用禁止にし、運転席入り口にシートを設けた路線バスの車内=伊東市荻
5月25日
テングサを天日干しする地域住民たち=西伊豆町

記念保存用・贈答用にお使いください。他の印刷物等への転載はご遠慮下さい。

ご注文出来上がり検索

ご注文写真の出来上がりを確認できます。

フォトサービス 価格表

2L
127×178mm 550
A4
210×297mm 1,100
※すべてカラー・税込
  • 写真データでの販売は行っておりません。
  • 仕上がりは1週間~10日程度掛かります。
  • 掲載写真でも著作権、肖像権の問題から提供できない場合もございます。ご了承下さい。
  • 他の印刷物等への転載はご遠慮下さい。

お支払い方法

  • 伊豆新聞本社窓口支払い(先払い)
  • 銀行振り込み(先払い)

送料

  • 定形外郵便 200円
  • 伊豆新聞本社窓口受け取り 0円

本社受け取り窓口

〒414-0054 静岡県伊東市鎌田1290-6
TEL.0557-36-1237
受付時間10:00〜17:00
(※新聞休刊日の前日を除く)
写真一覧に掲載されていない場合はこちらより、お問い合わせください。
掲載写真に関するお問い合わせ