• 採用情報
    伊豆新聞 社員募集

フォトサービス

伊豆新聞で取材した写真をご希望の方に販売しています。
12月10日
土地売買契約書を持つ小野市長と山梨社長(右)=伊豆の国市役所
12月10日
地域振興について意見を交わす出席者=南伊豆町湊の休暇村南伊豆
12月10日
新商品の試食・販売を行う事業所代表者ら=JR熱海駅ビル「ラスカ熱海店」特設販売場
12月10日
美しい混声合唱を披露する熱海YACA合唱団=熱海市伊豆山の熱海伊豆海の郷
12月10日
稲村さんの話に耳を傾ける職員=伊豆の国市の田方中消防署
12月10日
接客審査で乗客役の社員の質問に応じる運転士=伊東市岡の伊東自動車学校
12月10日
西島さん(右から2人目)、石垣さん(右)の話に耳を傾ける生徒たち=田方農業高
12月10日
浴衣を切って清拭で使うタオルを作る松笠会のメンバー=伊東市荻
12月10日
上位入賞した作品を持つ杉本君(左)と山口君=伊東市の北中
12月10日
ガラスが割られたトイレの扉=伊東市松川町の伊東ふれあいセンター
12月10日
国内外の風景写真が並ぶ真野さんの写真展=三島市のさんしんギャラリー善
12月10日
持ち込まれた包丁を丁寧に研ぐ組合員=伊東市の松川公園
12月10日
自身の旅行時の体験などを話す障害者ら=伊東市健康福祉センター
12月10日
地震体験車で震度7の揺れを体験する児童ら=伊東市の川奈小
12月10日
山内課長(左)の話を聞く駿東伊豆消防本部第3方面職員=伊東市桜木町の伊東消防署
12月10日
きねを振るってもちをつく児童=伊東市の生涯学習センター中央会館
12月10日
力いっぱいきねを振るう子ども=伊東市新井の宝専寺
12月10日
村松春水翁が名付け親だという「玉簾の滝」。ぼた場の滝の最下流にある=河津町梨本
12月10日
ぼた場の滝として最も使われたとみられる真ん中の滝。落差はわずかだが、昔は一番深かったという
12月10日
国道から見える「ぼた場の滝」の最上にある滝。柱状節理が美しい。今、国道側の崖崩れや落石で滝つぼは浅い
12月10日
稲葉さんが言う「ぼた場の滝」には入っていない最上流にある滝。狭いが、水深があり、渓谷美もなかなかだ
12月10日
丸太を渡した対岸の大岩の上には橋を安定させる刻みもあり、設置した年代は新しいかもしれない
12月10日
古峰山頂にはマメザクラが多くピンク色や花が大きいものもある(5月撮影)
12月10日
古峰を河津側に下った尾根にあるブナの巨樹。幹が数本に分かれているが、なかなかの見応えだ。枝ぶりも面白い
12月10日
古峰の直下にあったお礼杉。3本あり、際だって太くはないが、尾根筋で目を引く
12月10日
競輪選手候補生(右)らのアドバイスを受けながら自転車に乗る子どもたち=伊豆市大野の日本競輪選手養成所
12月10日
小野市長(左)に事業内容などを説明する波多野夫妻=伊豆の国市役所
12月10日
一斉にスタートする参加者たち=西伊豆町の西伊豆中
12月10日
長い列ができた伊勢エビまるごと1匹を使った海賊焼きイベント=河津町今井浜
12月10日
コースを駆け抜ける参加者たち=西伊豆町

記念保存用・贈答用にお使いください。他の印刷物等への転載はご遠慮下さい。

ご注文出来上がり検索

ご注文写真の出来上がりを確認できます。

フォトサービス 価格表

2L
127×178mm 550
A4
210×297mm 1,100
※すべてカラー・税込
  • 写真データでの販売は行っておりません。
  • 仕上がりは1週間~10日程度掛かります。
  • 掲載写真でも著作権、肖像権の問題から提供できない場合もございます。ご了承下さい。
  • 他の印刷物等への転載はご遠慮下さい。

お支払い方法

  • 伊豆新聞本社窓口支払い(先払い)
  • 銀行振り込み(先払い)
写真一覧に掲載されていない場合はこちらより、お問い合わせください。
掲載写真に関するお問い合わせ