• 特集
    オール伊豆少年野球写真特集

懸命にゴール目指す 3年ぶりにタライ乗り競走―伊東

 伊東温泉に夏の訪れを告げるイベント「第67回松川タライ乗り競走」が3日、中心市街地を流れる伊東大川(松川)で3年ぶりに開かれた。6種目、25レースに観光客や市民、市内外から153人が出場し、しゃもじ形のかいを懸命にこぎ、ゴールを目指した。
 
 直径約1メートル、深さ約30センチの不安定なタライを巧みに操り、いで湯橋から松川藤の広場横までの約400メートル区間でタイムを競った。タライに乗ったとたんにバランスを崩して川に落ちたり、スタート直後に転覆して流されたりする人もいた。その場でくるくる回って進まない子どもには、橋の上や遊歩道から見守る観客から温かい声援が送られた。
  観光客は宿泊する施設の浴衣を羽織って参加した。アニメのキャラクターに扮装(ふんそう)するなど、趣向を凝らした衣装を着た出場者も多く、観客を楽しませた。
  父の好伸さん(45)と一緒に出場した川奈の中村瑠那(るな)さん(南中2年)は「腕が疲れたけど楽しかった。コロナが落ち着いたら、全国から多くの人に出てほしい」と笑顔を見せた。
  レースを見学した川奈の嘉野麻衣さん(41)は「イベントの復活で、今年の夏は町がにぎやかになってほしい」と話した。

      観光

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー

      お知らせ