小土肥の古民家再生し1棟貸しの宿に 土肥のロクワット西伊豆

 伊豆市小土肥に7月16日、明治時代建造の古民家を再生した1棟貸しの宿泊施設「LOQUAT Villa SUGURO(ロクワット・ビラ・スグロ)」がオープンする。土肥の複合施設「ロクワット西伊豆」の別邸として、Catalystグループ(本社・東京)が運営し、「街全体リゾート化構想」を進める。
 材木業を営んでいた勝呂家の邸宅で、木造平屋建て。養蚕のための屋根裏や厩舎(きゅうしゃ)を備えていた。所有者がロクワット西伊豆のリノベーション(再生)工事に携わった縁で、活用の相談を受けた同社が取得し、梁(はり)や柱、土壁などは残しつつリノベーションした。
 二つの寝室とリビング、ダイニング、キッチンの他、屋根裏に書斎、厩舎を生かした離れに露天風呂やリラクセーションサウナを設けた。ロクワット西伊豆の専属シェフらが〝出張〟して、料理や飲み物を提供するプランもある。
 ロクワット西伊豆は土肥の歴史ある建築物を生かした宿泊・飲食施設。2021年4月のオープン以来、宿泊施設の稼働率はほぼ100%という。高野由之CEOは「ロクワット西伊豆のともしびを地域全体に増やす取り組みの第1弾が勝呂邸」と説明する。今後も地域の空き物件を再生し、別邸(宿泊棟)を増やす計画で「将来的にはビジョンに共感した人に、収益を生むリゾート物件として販売することも考えている」と話した。
 ロクワット・ビラ・スグロは1泊2食付で1組19万円から(税込み)。ロクワット西伊豆のホームページで予約を受け付ける。

      観光

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー

      お知らせ