• お知らせ
    消費税法改正に伴う価格変更について
  • 重要なお知らせ
    購読のお申し込みについて

道の駅伊豆のへそ、改装後100万人達成 11月に1周年記念式 伊豆の国

 伊豆の国市田京の道の駅「伊豆のへそ」の来場者が、昨年11月23日にリニューアルオープンしてから9カ月で100万人を達成した。11月23日に、達成を市民や県民に広く報告するとともに、来場者に感謝するために1周年記念式典を開く予定。同駅運営会議のメンバーが17日、市役所を訪れ、小野登志子市長に報告した。
 
■伊豆の国市の小野市長に報告 中野駅長ら
 
 市特産のイチゴがテーマの専門店「伊豆いちごファクトリー」に改装した。世界的自転車ブランド「メリダ」の展示・試乗施設、地ビールが楽しめるバイキングレストラン、宿泊施設が入る併設の伊豆ビレッジ内に農産物直売所も新設した。
  1カ月半で10万人を突破、12~5月は各月10万人が来場。8月23日に100万人を達成した。行政、設置者の大仁まごころ市場、民間事業者の時之栖、伊豆村の駅、ミヤタサイクルがそれぞれの強みを生かし、メディア戦略や消費者ニーズをつかんだ商品開発などが功を奏した。
  報告には、中野篤駅長、時之栖伊豆ビレッジの佐藤泰弘支配人、村の駅の瀬上恭寛社長らが訪れた。中野駅長は「休憩施設ではなく目的地となっている」などと喜び、地域振興などに向けて、なお一層の協力を要請した。
  小野市長は「成功を見せてくれうれしく思う」などと述べた。

      観光

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー