• 重要なお知らせ
    購読のお申し込みについて

伊東・旧見番の夕涼み舞台で芸妓衆の踊りやお座敷遊び

 伊東芸妓(げいぎ)置屋協同組合(伊東旧見番、三島幸枝理事長)は23、24の両夜、伊東市湯端町の同見番で「夕涼み舞台」を開いた。芸妓衆が稽古の成果を披露し、来場者を楽しませた。
 舞台は若手が三味線と歌を担当する「岸の柳」で幕を開けた。あでやかな「さのさ」、威勢のいい「伊勢音頭」などが続いた。途中に『とらとら』などのお座敷遊びをはさみ、最後を「三下がり」で締めくくった。
 訪れた市民らは舞台のすぐ前の座敷で、飲み物を片手にくつろいだひとときを過ごした。
 三島理事長は開会のあいさつの中で「今日は特に、若手の頑張りを見てくれたらうれしい。もちろんおねえさん方の色と艶も存分に楽しんでほしい」と呼び掛けた。

      観光

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー