• 重要なお知らせ
    購読のお申し込みについて
  • お知らせ
    URLが変わりました

サザエ求め海に駆ける 松崎町雲見海岸のサザエ狩りに800人

 松崎町の雲見海岸で15日、「雲見温泉サザエ狩り」(雲見観光協会主催)が開かれた。小雨が降る中、サザエを求める約800人の住民、観光客らが訪れ、漁船から波打ち際にまかれた約300キロ、4千個のサザエを夢中で探した。
 毎年多くの人でにぎわう夏の恒例イベント。子どもと大人の2部に分けて実施した。子どもの部では波打ち際に多くまかれ、われ先にと拾い集めた。海中にまかれる大人の部では、水中眼鏡やシュノーケルを用意した参加者も多く、太鼓の合図で勢いよく駆け出し、海底のサザエに手を伸ばした。
 8年ぶりに家族、友人と訪れたという東京都八王子市の自営業、大和亮子さん(44)は「2、3個取れればいいと思っていたけど、5個も取れて大満足。ぜひつぼ焼きにして食べたい」と話した。

      観光

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー