• お知らせ
    消費税法改正に伴う価格変更について
  • 重要なお知らせ
    購読のお申し込みについて

交通死亡事故ゼロ400日達成 伊豆の国市が表彰

 11月13日に交通死亡事故ゼロ連続400日を達成したことを受け伊豆の国市は22日、県交通安全対策協議会(会長・川勝平太知事)から「交通安全優良市」として表彰を受けた。市役所で伝達式が開かれ、小野登志子市長が表彰状を受け取った。表彰基準が2017年4月1日から、人口4万人以上8万人未満が300日から400日に変更されてからの表彰は初めて。
 表彰状を伝達した県くらし交通安全課の大村彦彰課長は「市をはじめ、住民一人一人が高い意識をもって交通安全に尽力されたたまもの」などと、川勝会長の祝辞を代読した。
 小野市長は「500日、千日と記録を更新し続けていけますよう関係機関の理解と協力をいただき、地域が一体となった対策を積極的に展開し、交通事故のない安全な町づくりを目指してきたい」と語った。大仁署の鈴木光弘署長もあいさつを述べた。
 同市は過去に2回、ゼロ300日を達成している。06年12月18日~07年10月14日と10年3月22日~11年1月16日で、記録はそれぞれ08年7月29日まで連続(590日)、11年5月9日まで連続(414日)。11月1日現在の人口は、4万8587人になる。

      社会

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー