• NEW
    伊豆新聞本社 採用情報

狩野川台風襲来日前に慰霊碑周辺を清掃 伊豆の児童と老人ク

 1958年の狩野川台風で大きな被害が発生した26日を前に、伊豆市立熊坂小(松下八十二校長)の6年生17人と熊坂地区の老人クラブ「もくれん会」(田中祐市会長)の会員25人が18日、狩野川公園に建つ慰霊碑周辺で清掃活動を行った。
 もくれん会は毎年この時期に、慰霊碑の清掃を続けている。今年は児童たちが、狩野川台風を学ぶ活動の一環で加わった。参加者は慰霊碑周辺の落ち葉を掃き集め、ごみを拾った。その後、慰霊碑に線香を手向けて殉難者の冥福を祈った。
 活動を終えて学校に帰る前、渡辺梨緒さんは「狩野川台風のことをしっかり学び、後に伝えていきたいと思った」と話した。田中会長は「子どもたちが参加してくれたことはとてもうれしい」と喜んだ。

      社会

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー