• NEW
    伊豆新聞本社 採用情報

“幻のヘビ”シロマダラ見つかる 泉の室伏さんが散歩中に—熱海

 熱海市泉で4日、“幻のヘビ”とも言われる「シロマダラ」の死骸が見つかった。目撃例が少ないヘビで、県版レッドリストにも情報不足として掲載されている。泉の環境省自然公園指導員・室伏友三さん(72)が散歩中に発見したという。
 室伏さんは4日の午前11時半ごろ、自宅近くの県道十国峠伊豆山線を散歩していたところ、道路脇の死骸を見つけたという。体長は40センチほどで一部がつぶれており、室伏さんは「タイヤというより誰かが踏んだようだ」と話す。
 シロマダラは全国に分布するが、夜行性で目撃例は少ない。室伏さんは泉で2016年にも見つけたことがあり「泉の高温多湿が生息に適しているのだろう」と話した。

      社会

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング