• NEW
    伊豆新聞本社 採用情報

熱海で新たに6人感染 新型コロナ

 県は28日、熱海市に住む6人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。6人はいずれも、26日に感染が公表された同市の高齢男性の濃厚接触者。5人は17日の同じ時間帯に、高齢男性が利用した飲食店を利用した。残る1人は高齢男性と同居する家族のパート女性(高齢でない成人)。
 同居する家族に症状はない。残る5人のうち3人は無症状で、1人が発熱、倦怠(けんたい)感、せき、肺炎像など、1人が発熱の症状がある。
 6人は27日にPCR検査や抗原検査で陽性が確認された。現在6人とも、県東部の感染症指定医療機関に入院している。6人の濃厚接触者について県が調査中。
 熱海市と浜松市でのクラスター(感染者集団)発生を受け県は29日から、警戒レベルをこれまでの「3」(県内注意一部警戒、県外警戒)から「4」(県内外とも警戒)に引き上げる。

      社会

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー