• NEW
    伊豆新聞本社 採用情報

熱海と伊東で1人ずつ感染確認 新型コロナ

 県は16日、熱海市の年代、性別非公表の住人と、伊東市に住む40代女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内公表の100例目、101例目になる。
 熱海市の住人は発症前に県外への移動があり、市内のカラオケを伴う飲食店を8日とそれ以前にも利用した。9日に倦怠(けんたい)感と38度台の熱が出て、翌日以降も断続的に発熱が続き、自宅で過ごした。14日にマスクを着用し自家用車で医療機関を受診、紹介された帰国者・接触者外来でPCR検査を受けた。15日に陽性が分かり、県東部の感染症指定医療機関に入院した。濃厚接触者については調査中。
 伊東市の女性は15日に航空機で帰国した。検疫所でのPCR検査の後、無症状だったため、そのまま迎えに来た友人の運転する車で自宅に向かい、16日未明に到着。その後外出していない。検疫所からの陽性結果の連絡を受け、保健所が調査。県東部の医療機関に入院予定だが、病状はないという。県は迎えに行った友人を濃厚接触者としてPCR検査を実施する予定。

      社会

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー