• NEW
    伊豆新聞本社 採用情報

友好都市麗水市からお礼のマスクと防護服届く―三島

 中国浙江省・麗水市と友好都市提携を結ぶ三島市に22日までに、新型コロナウイルス感染予防のための支援物資が届いた。医療現場などで活用されるマスク4万5千枚と、より高性能な「N95マスク」2千枚、防護服100着で、同日、市立保健センターで報告会が開かれた。
 豊岡武士市長と、支援物資受け入れのサポートに尽力した市国際交流協会の平出利之会長をはじめ、配布先の市医師会、富士山南東消防組合の関係者らが出席した。現地での新型コロナ感染拡大を受け、市はこれまでに防護服100セットを贈っている。報告会では「(三島市は)麗水に1番に貴重な物資を送ってくれ、260万人の市民の心を温めてもらった」と、親書による感謝のメッセージも読み上げられた。寄贈された支援物資は、医療機関や高齢者施設などで活用するという。

      社会

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー