• NEW
    伊豆新聞本社 採用情報

県内で黄砂観測

 静岡地方気象台は13日、県内で今年初めて目視での黄砂を観測したと発表した。伊東市内でも遠くの景色がかすんで見え、黄砂らしきものが確認できた。
 同気象台によると、黄砂は中国大陸のゴビ砂漠の砂が舞い上がって飛来してきたという。市内から見える伊豆大島や富士山もうっすらかすんで見えた。市役所から見える隣町の熱海市もはっきりと眺められなかった。
 また、同日は気温も上昇し、熱海市網代で今年最高の28・2度を観測した。

      社会

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー