• 採用情報
    伊豆新聞 社員募集

新春ゲーム大会で伊東かるた 玖須美児童館で児童が札取りを楽しむ

 伊東市和田の玖須美児童館は18日、恒例の「新春ゲーム大会」を開いた。小学生9人が参加して、伊東の自然や歴史、文化を題材にした「伊東かるた」をはじめ、羽根突き、福笑い、こま回しなどを楽しんだ。
 日頃から子どもたちが伊東かるたに親しんでいることから、同大会にも取り入れた。参加者は2つのグループに分かれ、絵札を囲んだ。読み札が読み上げられるとすぐに絵札に手を伸ばす女児、目の前の絵札を取れずに悔しがる男児もいた。
 山田彪牙君(西2年)は「伊東かるたは初めてで、難しかった。読み札を覚えたいと思った」、〝ベテラン〟の天野いろはさん(東1年)は「絵が覚えやすくて楽しい。言葉も覚えているからたくさん札を取れた」と満足そうに話した。
 かるたの制作に当たった「伊東かるたの会」のメンバーも訪れ、子どもたちと交流した。ゲームの後は、職員が用意した汁粉に舌鼓を打った。

      社会

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー