• NEW
    伊豆新聞本社 採用情報

伊豆の国市、小野氏が公認内定 次期衆院選静岡5区

 国民民主党本部総務会で、次期衆院選静岡5区に公認内定した伊豆の国市出身で元会社員の小野範和氏(46)が17日、静岡市の県庁で記者会見を行った。小野氏は国政で取り組みたいこととして経済、税制、雇用、市民活動などを挙げ「中間層が安心して暮らせる世の中にする。低所得者層が中間層にどんどん上がっていけるような政策が必要」と力を込めた。
 具体的に経済などについては「現在、お金持ちや企業を優遇している。中間層を厚くしていくことをやっていかなければならない。基礎教育や高齢化社会など未来に向けた投資をしっかり行っていくことが必要」などと思いを話した。
 国政を目指した理由については「金融機関に勤めていたので、国政を身近に感じることができた」と語った上で「台風19号、2004年の台風の時に、地元の支流が氾濫し被害を受けた。狩野川の治水は国政としてやっていくこと。地元の人間として私がやっていくべきことと、その時強く思った」と述べた。
 東京大を卒業後、都市銀行に24年間勤めた。小野登志子市長の長男。

      政治・行政・選挙

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング