• NEW
    伊豆新聞本社 採用情報

下田市長選 元賀茂地域局副局長の松木正一郎氏が立候補を表明

 任期満了に伴う下田市長選(6月14日告示、21日投開票)に、新人で元県職員の松木正一郎(まつき・しょういちろう)氏=同市六丁目=(59)が18日、立候補を表明した。同市長選には既に現職の福井祐輔氏(72)=同市碁石ガ浜、1期目=が立候補を表明している。他に立候補の動きはなく、短期決戦の一騎打ちとなる見通しだ。
 松木氏は「生まれ育った古里・下田が閉塞感に覆われている。これまでの経験、知識、県とのパイプを生かし、市民、役所、企業みんなで力を合わせ、ワンチームでまちづくりを進めていきたい」と決意を語った。無所属で立候補する予定。
 下田市三丁目の出身で、早大理工学部卒。県景観まちづくり課長、下田土木事務所長を経て、今年3月末まで県賀茂地域局副局長兼危機管理監を務めた。地元では下田太鼓保存会や合気道の「下田合気会」などで活動する。

      政治・行政・選挙

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー