• NEW
    伊豆新聞本社 採用情報

片野組合長を再任 新型コロナの影響響き剰余金は766万円-JA函南東部通常総会

 JA函南東部は27日、函南町丹那の同組合で第72回通常総会を開いた。任期満了に伴う理事と監事の改選があり、片野敏和組合長(69)を再任した。任期は3年。
 事業報告によると昨年4月から今年3月までの事業総利益は4億4400万円。販路拡大や経費削減などに努める中、新型コロナウイルスの影響で3月の学乳供給が減少し、営業損失が大きく発生。そうした中でも766万円の剰余金を計上した。利益の見込めない低温殺菌牛乳を3月末で廃止した一方で、新規取引先として三重県の大型商業施設への配送を5月に開始した。
 本年度は新型コロナ感染症拡大防止のため、書面議決とした。
 片野組合長を除く主な役員は次の通り。
 代表理事専務 神尾至(新任)▽代表監事 石川政昭(同)

      農漁業

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー