• お知らせ
    消費税法改正に伴う価格変更について
  • 重要なお知らせ
    購読のお申し込みについて

「小稲の虎舞」奉納 若衆勇壮に舞う―南伊豆

 南伊豆町の小稲地区に伝わる「小稲の虎舞」が11、12の両日、小稲海岸で奉納上演された。若衆の小稲来宮会(松本孝会長)が集落内を太鼓台で巡行し、虎と対決する勇壮な演舞を海岸の特設舞台で披露した。
 来宮神社の例祭で11日に宵祭り、12日に本祭りを行った。「小稲の虎舞」は例祭の舞踊劇で、国選択および県無形民俗文化財に指定されている。
 虎の着ぐるみには2人が入り、「虎山」と呼ばれる舞台で頭を振り床を踏み鳴らした。主人公の和藤内は土屋玲雄さんが務め、虎との激しい格闘を演じた。松本会長は「今年は稽古が短く100パーセントでない部分もあったが、形になって良かった」と話した。

      教育・学校・文化

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング