• 重要なお知らせ
    購読のお申し込みについて

熱海市で子どもの未来を語る会 県教組東豆支部

 県教職員組合東豆支部主催の講演会「子どもの未来を語る会」が24日、熱海市下多賀の南熱海マリンホールで開かれた。熱海、伊東両市内小・中学校の教職員や保護者ら約150人が集まり、「子どもに片付けを教える前に親が学ぶ整理収納」と題した講演に耳を傾けた。
 講師は、整理収納アドバイザーで、多数のメディアで活躍する佐藤慶子さん(藤枝市)が務めた。佐藤さんは「整理収納の基本を知り、おうちの片付けマスターになろう」などと呼び掛けた。
 片付けに関する親子間の認識のギャップに触れ、親側は「片付けられる大人になってほしい」とする一方、子どもは「怒られるから仕方なくやる」と説明。低学年の子には「ゲーム感覚やご褒美」を勧め、高学年児童は「物の整理や片付けることの良さを本質的に体感できる」と、年齢に応じた効果的な指導を手ほどきした。
 親も楽しめる片付けについて「時間」「経済」「精神」の〝三大効果〟を強調。時間的効果では「物を捜す無駄な時間が減り、自分のゆとりの時間が持てる」などと説いた。

      教育・学校・文化

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー