• 重要なお知らせ
    購読のお申し込みについて
  • お知らせ
    URLが変わりました

風の子児童クラブで絵本読み聞かせ―伊東

 伊東市のボランティア団体「伊豆高原きらめき」(大村涛子代表)は16日、市立西小校区の放課後児童クラブ「風の子児童クラブ」で大型スクリーンを使った読み聞かせを行った。夏休み中の児童約15人が大画面で絵本を楽しんだ。
 「子どもたちに楽しみをプレゼント」を目的に実施した。「ちびゴリラのちびちび」と「よかったなぁ、母ちゃん」の2冊を披露した。「よかったなぁ、母ちゃん」は少年3人が認知症のおばあさんとの交流を通し、認知症への理解を深める物語。話が終わると、祖母を思い出し涙ぐむ児童もいた。
 西小5年の西島はづきさん(11)は「認知症について深く知るきっかけになった。絵が大きく映って見やすかった」と話した。

      教育・学校・文化

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー