• 【採用情報】

    5、6年生が田んぼの雑草取り-伊東市の池小

     伊東市立池小(高橋真寿子校長)の5、6年生20人は26日、池の田んぼで雑草取りを行った。児童が田んぼでで実習するのは今年初めて。蒸し暑い中、泥だらけになりながら、笑顔で作業に汗を流した。
     同校は、「地域のことを知り体験してほしい」という思いから毎年米を育てている。例年児童が田植えから収穫まで行うが、今年は新型コロナの影響による休校で田植えは教職員だけで行った。児童たちは長靴と軍手姿で、苗と苗の間に生えた雑草を丁寧に抜いた。5年生の竹内春姫さんは「お米の収穫が楽しみ」と話し、目を輝かせた。児童たちは、今後も稲の成長を見守るという。

        教育・学校・文化

        最新記事

        伊豆新聞 デジタル お申込み
        ご購読申し込み月は無料
        伊豆新聞社員募集

        ニュースカレンダー