• 採用情報
    伊豆新聞 社員募集

1年の無病息災願う「どんどん焼き」―三嶋大社

 三島市大宮町の三嶋大社(矢田部盛男宮司)で15日、正月のしめ飾りや古いお札、お守りなどをたきあげる神事「どんどん焼き」が行われた。未明から大勢の近隣住民らが宝物館の前に集まり、一年の無病息災を願った。
 本殿で「神様から火をいただく」という左義長祭を執り行った後、お飾りやだるまなどがうず高く積み重なった前で神職がおはらいをし、矢田部宮司や豊岡武士・三島市長、同大社崇敬会事業推進委員メンバーらがおはらいを受けた忌火(いみび)を付けた。はぜる音と共に、境内に炎が一気に燃え上がった。
 学業成就や身体健全に御利益があるという「笹守り」の授与や、甘酒の振る舞いもあり、焼いて食べるために団子などを手にした家族連れの姿もあった。
 伊豆の国市から初めて訪れたという60代の女性は「けさは午前4時起きで来た。大きな手術をしたので、御利益を受けて健康に過ごしたい。これからは毎年、足を運びたい」と語った。

      教育・学校・文化

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー