• 採用情報
    伊豆新聞 社員募集
  • 重要なお知らせ
    購読のお申し込みについて

伊東・湯の花通りでガラガラ抽選会 台風被災地支援のチャリティー販売も

 伊東市の湯の花通り共栄会(安藤健雄理事長)は歳末セールに合わせて14、15日、現金つかみ取りや商品券などが当たる「ガラガラ抽選会」を開催している。台風15、19号の被災地支援で千葉、長野両県から取り寄せた名産品のチャリティー販売も行い、買い物客の注目を集めている。
 加盟店で2千円買い上げごとに1回、抽選に参加可能で、特別賞は千円札、特賞は100円硬貨、1等は10円硬貨のつかみ取りに挑戦できる。千円札つかみ取りに挑んだ79歳の男性は「こんなにもらっていいのかと思う」と手にした札を見て戸惑いながらも喜んだ。
 湯の花通り商品券500円分、200円分も景品にあり、初日は獲得した商品券で早速被災地の名産品を求める買い物客の姿も見られた。名産品は千葉のタイせんべいやビワキャラメル、長野のトマトジュースやリンゴ、プルーンなどが並んだ。
 募金箱も置き、寄せられた善意を地元の台風15号被災者の支援に充てる。安藤理事長は「長野出身の人が物産を買ってくれたり、長野、千葉から来た人がお礼を言ってくれたりして、つながりを感じることができた」と話した。
 15日は午前10時~午後7時で、会場は通り中央の「大黒屋」前。

      商工業

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー