• 重要なお知らせ
    購読のお申し込みについて
  • お知らせ
    URLが変わりました

伊東温泉浴衣の日、市内26事業所が浴衣で業務

 「伊東温泉浴衣の日」の6日、伊東市内26事業所の従業員らが浴衣を着て業務を行い、“浴衣のまち・伊東”のPRに協力した。
 銀座元町の静岡銀行伊東支店(袴田幸弘支店長)では、女子行員が浴衣姿で来店客に応対した。森下奈生さん(26)は「お客さんが喜んでくれるので楽しい」と笑顔を見せた。窓口を訪れた末広町の40代女性会社員は「涼しさを感じる。いい取り組みですね」とにこやかに話した。
 「HIKARI to YUKATA(光と浴衣)にぎわい演出事業」の一環として、「伊東温泉=(イコール)浴衣」のイメージの定着を図るのが狙う。実行委員会が昨年、毎年8月6日を「浴衣の日」に定め、事業所に浴衣の着用を呼び掛けている。

      商工業

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー