• NEW
    伊豆新聞本社 採用情報

チケット1次販売分3000冊完売―下田開国バル

 下田商工会議所などでつくる実行委員会は6日までに「下田開国バル」チケット1次販売分3千冊を完売した。1週間足らずで売り切れる人気ぶりに関係者らは地域経済活性化への期待を高めている。2次販売(2千冊)は10月23日から行う。
 コロナ禍で落ち込んでいる市内経済の立て直しを目指したイベントで、1日の開幕と同時にチケット販売をスタートした。11月30日まで。
 開幕当初は市内の飲食、観光、宿泊業など約160店の参加だったが、申し込みが相次いで約210店に増えた。チケットは25%のプレミアム付きで1冊5枚つづり5千円分を4千円で販売。1人6冊まで購入できる。「本バル」は、10月24日~11月8日。販売所は商議所と、観光協会(道の駅・開国下田みなと、駅前案内所)。時間は午前9時~午後4時。商議所担当者は「予想以上の売れ行きに驚いている。限度の6冊を買い求める人が多い」と話した。問い合わせは同商議所〈電0558(22)1181〉へ。

      商工業

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング