アルパカの赤ちゃん誕生―東伊豆町の伊豆アニマルキングダム

 東伊豆町稲取の伊豆アニマルキングダムで、生まれて間もないアルパカの赤ちゃんが公開されている。母親に甘えたり、元気よく走り回ったりする愛らしい姿が来園者を楽しませている。
 19日に4歳の母「ベティー」と4歳の父「ジャック」の間に生まれた雄で、背高は約60センチ、体重は20キロ弱。モフモフした白い毛並みが特徴で名前はまだない。
 アルパカは南米アンデス山脈の高地に生息するラクダの仲間。専用牧場「アルパカ ランチ」で赤ちゃんを含め9頭を飼育・展示している。飼育担当の矢川由佑理さん(24)によると、アルパカは暑さが苦手で、真夏の日中は水浴びやエアコンが効いた飼育舎での体温調節が必要という。「このまま元気にすくすく育ってほしい」と期待する。

      6月23日の記事

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー

      お知らせ