• 特集
    オール伊豆少年野球写真特集

松川水上舞台で「薪能」 幽玄の世界、観衆魅了 祐親まつり開幕—伊東

 伊東発展の礎を築いたとされる平安末期の武将・伊東祐親公を顕彰する「第47回伊東祐親まつり」(NPO法人伊東市文化財史蹟保存会主催、伊東市・伊東観光協会共催、伊豆新聞本社など後援)が14日、同市の松川水上特設能舞台などで開幕した。夜には呼び物の「伊東温泉薪能」が厳かに行われ、かがり火に照らされた舞台で繰り広げられる幽玄の世界が観衆を魅了した。
 薪能は、市三曲連盟の演奏に続き、伊東子供お能教室の小中学生が創作能「八重姫」や舞囃子(ばやし)「熊野」「小袖曽我」などを披露した。
 日が落ちてかがり火の火入れ式を終えると、厳粛な雰囲気に包まれた舞台で、重要無形文化財総合指定保持者の野村萬斎さんが狂言「蟹(かに)山伏」、山井綱雄さんが能「鵺(ぬえ)」に出演した。蟹山伏は、修行を積んだ山伏が本国へ帰る途中、蟹の精に出合う演目で、山伏を演じた野村さんは軽妙な掛け合いと動きで観衆を引きつけた。
 同まつりは15日まで。特設能舞台では午前10時半から「奉納舞台」(入場無料)、午後6時半から「夢舞台」を催し、郷土芸能を中心とした市内外の団体が出演する。

      5月15日の記事

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー

      お知らせ