• NEW
    伊豆新聞本社 採用情報

土肥、小土肥海水浴場、8月から期間短縮し開設を発表―伊豆

 伊豆市は7日、土肥と小土肥の両海水浴場について、新型コロナウイルスの影響により期間と遊泳エリアを縮小して開設すると発表した。期間は8月1~20日。海難事故防止対策、新型コロナ感染防止対策を講じて開く。
 砂浜面積と昨年のピーク時利用者数を調査した結果、両海水浴場とも十分にソーシャルディスタンス(社会的距離)が確保できるため、ロープ張りや線引きはしないと決めた。場内放送で呼び掛け、監視員等が巡回する。
 浮き台や温泉丸、温泉池(プール)は設置しない。市営海の家は更衣室やトイレ、手洗い施設を消毒しながら使用し、2階の休憩所は開放しない。大学生を中心にしたライフセーバーが例年並みの人数を確保できないため、不在日は市観光協会土肥支部の協力で監視員を配置する。救命遊具の拡充、ボートなどによる水面監視なども行う。

      7月 7日の記事

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー