• NEW
    伊豆新聞本社 採用情報

地元医療関係者に蜂蜜100本寄贈—ふじのくに三島かがやきネット

 ボランティア団体「ふじのくに三島かがやきネット」(須田徳男会長)は18日、三島市内の医療関係者に箱根西麓で採れた100%「純粋蜂蜜」を寄贈した。須田会長らメンバーが市役所に豊岡武士市長を訪ね、100ミリリットル入りの瓶100本を手渡した。
 新型コロナウイルス感染症対策の“最前線”で働く医療従事者の労をねぎらい、元気になってもらうのが目的。メンバー一員で蜂蜜生産に携わる北村和仁さんが用意した。
 市内の救急を担う病院に優先配布し、豊岡市長は「栄養も豊富で、日夜奮闘している医療関係者の疲労回復にもなる」と感謝。須田会長は「混ざり気が一切なく、純粋で蜂蜜そのものの本当の味がする。ぜひ味わってもらい、もう一踏ん張り、頑張ってほしい」と語った。
 同団体は市立公園楽寿園を会場に、毎年人気の「雪遊び広場」イベントも開いている。

      5月19日の記事

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー