• NEW
    伊豆新聞本社 採用情報

沖縄の首里城火災を受け、消防が韮山反射炉特別査察 伊豆の国

 那覇市にある世界文化遺産の首里城で本殿などを全焼する火災が発生したことを受け、駿東伊豆消防本部は31日、同じく世界文化遺産に指定されている伊豆の国市中の韮山反射炉で特別査察を行った。反射炉本体は火災の可能性が小さいものの、敷地内関連施設の防火管理状況などを検査した。
 本部予防課と第2方面本部消防室から職員5人が訪れた。韮山反射炉ガイダンスセンターで書類を確認した後、建物内や消火・ポンプ室、変電設備の近くなどに設置された消火器、消火栓などを確認した。
 稲葉嘉明予防課長補佐は「反射炉本体は耐火れんがなので燃えることはないが、付帯設備の消防用設備の維持管理が徹底されているか調べた。特に不備はなかった。野焼きやたばこの火の不始末などにより、周辺の樹木に延焼することにも注意してほしい」と話した。

      10月31日の記事

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー