• NEW
    伊豆新聞本社 採用情報

町や野田区と連携した避難訓練実施 松崎幼稚園、初の試み

 松崎町立松崎幼稚園(土屋恵美子園長、園児36人)は3日、総合防災訓練(1日)に合わせた避難訓練を実施した。町防災係や地元・野田区と連携した初の試み。園児たちは旧岩科小校舎への素早い避難に取り組んだ。
 同園は「自分の命は自分で守る」という意識を高めるため、毎月訓練を行っている。山の高台への避難などに取り組んできたが、今回は園舎に隣接する校舎3階を2次避難場所に設定した。町や野田区が実施に協力した。
 地震発生の放送を聞き、園児はグラウンド中央に避難した。その後、教員の指示で校舎3階を目指し、素早く移動を開始した。
 グラウンドから校舎3階まで全員が避難するまでの時間は2分35秒で、5分以内という目標を達成した。土屋園長は「津波が来ると言われたら高いところに逃げる。どこにいてもそれが大事」と園児に呼び掛けた。野田区の渡辺源二区長は「日ごろから近所のおじさんやおばさんにあいさつしよう。そうすれば地震や津波が起きたとき、きっとみんなを助けてくれる」と地域のつながりの大切さを伝えた。

      9月 3日の記事

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー