• NEW
    伊豆新聞本社 採用情報

現役東大生が勉強指導 南伊豆・下賀茂寮で9日まで

 南伊豆町加納の東京大下賀茂寮で5日、学生有志による夏休み無料学習塾が初開講した。現役東大生が地元の小中高校生にほぼ1対1で、宿題の支援や勉強方法の指導をする。初日午前は同町や下田市から7人が参加し、ドリルや作文をこなした。9日まで。
 同寮は学生・OBの旅行、運動部の合宿などに利用される宿泊施設で今年52周年を迎えた。少なかった地元との接点を増やし、子どもに学びの魅力を伝えようと、東大運動会の学生が企画した。
 初日は3人の学生が指導に当たった。南中小4年の小針良太君は都道府県名の問題集を持ち込み学生と一緒に解いた。「分かりやすく教えてくれた。東大生はどんな風に勉強するのかも聞きたい」と話した。
 経済学部4年の漆原理樹さんは「受験に限らず、この公式を覚えると将来こんなことに役立つ、というのも含め学んでほしい」と話した。
 時間は午前9時~午後5時で入退出自由。場所は東大樹芸研究所裏で、問い合わせは同寮〈電0558(62)0741〉へ。
 
■8日に流しそうめん
 
 東京大下賀茂寮は8日、納涼流しそうめんを実施する。町民は誰でも参加可能で料金は300円。午前10時から竹の器づくり、正午から流しそうめんを行う。駐車場は武道館を利用する。雨天中止で問い合わせは同寮〈電0558(62)0741〉へ。

      8月 5日の記事

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー