• 採用情報
    伊豆新聞 社員募集

下田ロープウェイが1日、営業を再開。山頂駅に「ザ・ロイヤル・エクスプレス」仕様のレストラン

 伊豆急下田駅前と寝姿山山頂を結ぶ下田ロープウェイは1日、約8カ月の改修工事を終え、営業を再開する。東急電鉄グループとともに、山頂駅に観光交流施設を併設したレストラン「ザ・ロイヤルハウス」を新設し、ロープウェイのゴンドラをリニューアルした。
 レストランは、伊豆観光列車「ザ・ロイヤル・エクスプレス」を手掛けた水戸岡鋭治さんがデザイン・設計した。
 内装は天然木を使用し、組子細工などの伝統工芸を取り入れた。ザ・ロイヤル・エクスプレス同様、「旬香亭」(東京・目白)がメニューを監修し、地元の食材を生かした料理と、生産地や製法にこだわった飲料を提供する。約50席。営業開始は8月30日。
 観光交流施設では、タブレット端末やVR機器を貸し出し、下田をはじめ伊豆エリアの広域な魅力を発信していく。
 ゴンドラは、ザ・ロイヤル・エクスプレスと同じロイヤルブルーの外観とし、内装はぬくもりある天然木を使用し、懐かしくて新しいクラシックな空間とした。乗車定員は約40人。乗車料金は従来通り往復大人1030円、子ども510円。
 東急電鉄の松田高広プロジェクト統括部長は「下田湾を一望するロケーションを生かし、お客さんを出迎え、おもてなしする舞台を整えた。新たな下田ロープウェイを楽しんでほしい」と話している。

      7月31日の記事

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー