• お知らせ
    消費税法改正に伴う価格変更について
  • 重要なお知らせ
    購読のお申し込みについて

伊豆移住計画テーマにディスカッション 伊豆中央高がきらめきフォーラム 伊豆の国

 伊豆中央高(高木ゆかり校長、生徒約600人)は9日、キャリア教育の一環として「きらめきフォーラム」を伊豆の国市のアクシスかつらぎなどで開いた。今回は「伊豆移住計画」をテーマに、有識者を招いてのパネルディスカッションや、ワークショップなどを行った。
 地域や社会に対する関心を高め、社会の中で生きる上で自らの役割を理解し、大学卒業後のビジョンを持つことを狙いに、昨年に引き続いて実施した。
 パネルディスカッションは、県議の野田治久さん、伊豆箱根鉄道総務課長補佐の志村博さん、NPO法人みしまびとの村上萌さん、FMIS(エフエムイズ)の仙座夏子さん、教員志望や地域づくりに興味のある生徒10人がパネリスト、OGで熱海市議会副議長の泉明寺みずほさんがコーディネーターを務めた。
 自己紹介をした後、生徒たちが伊豆の人口増加に必要なことや定住する場所としてほしいものなどを発表した。実際の事例などを交えながら「地域の魅力を若い世代に伝える」「(子育てのために)病院をたくさんつくったほうがいい」「スポーツで町を発展させる」「法人税を下げるなどして企業を誘致する」などと述べた。
 有識者たちは生徒たちの考えに同調したり、自分たちの活動や取り組みを紹介したりした。聴衆の生徒たちはメモを取り、自分の意見をまとめた。

      7月10日の記事

      最新記事

      伊豆新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      ニュースカレンダー